地震や災害に強い家を購入するために

新築を一戸建てを建てました。場所が、防火地域でした。駅近の良い土地で、耐火物件にする必要がありました。しかも、密集地域なので、地震や災害を頭にイメージしつつ安全な家を建てようと思いました。信頼ある大手メーカーを見て回りました。地震を考えると、耐震、免震、制震とあります。各社によってその性能は様々です。また、壁の耐火性能も色々で、標準仕様で耐火物件のものあれば、オプションで壁を選択したりします。各社を見学して、見て回りました。結局、ヘーベルハウスに決定したのです。選んだ理由は、制震構造の安心感です。耐火物件に標準仕様で対応できること。丈夫さを売りにしていることでした。防火地域の密集で、地震時の近所の崩壊、もらい火などを考えると、標準仕様でそのまま適応できることでした。標準で満たされる安心感は、購入価値が十分あります。大きな地震の経験はありませんが、小さな揺れはあまり感じません。ニュースで初めて地震があったことを知ることもあり、制震が効いているのだと思っています。

カテゴリー: 新築一戸建て