注文住宅でライフステージにあう家を建てる

小さな子供がいる夫婦が家を建てるときは、子供が成長していくことを念頭に置いて、間取りを考えるといいでしょう。例えば夫婦と小さな子供が住む家なら、夫婦の寝室と子供部屋を用意すればいいかもしれません。しかし、子供が大きくなり小学校に上がったころには、子供部屋が必要になるかもしれません。将来を考えて、初めから子供のための個室を用意しておく方法もありますが、子供が小さなうちは、夫婦のベッドルームと子供部屋の壁を取り払った状態で、広々としたワンルームとして使ったほうが気分がいいはずです。のちに区切ることを考えて、個室の前にもドアを用意しておくとリフォーム工事などをせずにすみます。このように子供の成長に合わせて、また夫婦が年を取った後のことも考えながら、ライフステージごとにすみやすい家づくりをしてみましょう。注文住宅なら、このような希望もすべて叶えることができます。設計者とよく話し合って、住みやすい家を作りましょう。

カテゴリー: 注文住宅