台風などの災害に備えられる

資源有効利用できる住宅で、太陽光を利用できる住宅にしてみれば、火力発電、電子力発電に頼らないで電気を使える生活になります。夜になれば発電できない太陽光と違って、風力発電は24時間いつでも発電できて、何より温室効果ガスを排出しないで電気へ変換効率がとても高くて、風力発電できる住宅を建てれば太陽光発電以上にエコで快適な暮らしを送れるはずです。地熱も風力同様24時間発電できて、環境に優しいなど利点がある環境システムとなります。エコで自然あkら再利用可能なエネルギーは割とおおく、これら取り入れれば温室効果ガスの削減から電気代などランニングコスト削減などいろいろ効果を期待可能です。そして、環境共生住宅の特徴としてエコ以外にも災害に強いことも特徴であり、地震に強い住宅になるよう設計されています。このとき考慮入れるのは耐震性以外に、いざ災害発生したら逃げ道確保できるか、強風の台風きたらシェルターとしての性能果たせるかなどいろんな面で環境に強い住宅なるよう設計されてます。