維持管理費用の安さにこだわった注文住宅について

交野市に自分の城であるマイホームを作るにあたり特にこだわったところは、外部の材料選びに力を入れました。家というのは建ててからも維持管理をしていかなければいけません。

しかし見た目が良くても長持ちしなければ、維持管理費用がかかるため、外壁、屋根材は長持して維持が簡単なものにしたいと思いました。
わたしがまず住宅を建てるにあたり注文住宅か建て売りかどちらかを選択するため、さまざまなところを見学に行きました。それぞれ長所短所がありますが最終的に注文住宅にしました。理由はやはり家づくりは家族構成で決まる部分が大きいかなと思います。そして今現在ではなく、将来のことを思うと子供が大きくなったときのことや自分たちが歳をとったときのことです。それらを念頭にしつ家づくりを行おうと思い注文住宅にしました。

そして業者の選定ですが評判、保証、会社の安定度、耐久性、コストと多くの要素を兼ね備えた業者に頼むのが一番と考えました。そこについてはかなり時間を費やしてしまったのでもう少し事前に調べてそれからマイホームセンターに行って見学してから業者を決めればよかったところかなと反省しています。

そして最終的には、メーカーか地元工務店か迷いましたが、誠実な対応と説明がよかったので地元工務店にしました。ポイントは、いいことばかりでなく、きちんと説明してこちらが納得するまでつきあってくれたことがとても良かったです。
工事も経過ごとにきちんと説明してもらえ、細かいところもここはこうした方がいいとか、他はこうしたなどいろいろ選択肢を提案してもらえよかったです。完成してからも自主的に点検や修理をしてもらい対応もよかったです。

これから家を建てる方にアドバイスとして、住宅を建てるのに何が重要かと思ったのはまず計画です。自分の家族が暮らしていくのに何が必要なのか、これだけの広さが必要とかそれがわかるのは、施主しかわかりません。後で後悔しないように打ち合わせをよくすることをお勧めします。

PR|生命保険の口コミ.COM|女性向けエステ.com|健康に役立つ口コミ情報|エステサロンを上手に利用する情報サイト|SEOアクセスアップ相互リンク集|お家の見直ししま専科|住宅リフォーム総合情報|ダイエットチャレンジ100日|工務店向け集客ノウハウ|クレジットカードの即日発行じゃけん|AGAでお悩み解決|会社経営に必要な知恵袋|注文住宅のための用語集|